最近のオーダーシューズは三次元測定装置を用いて足の形を立体的に測定してそのデータに基づいてオーダーシューズを完成することも可能です。人間の足のサイズは左右で異なります。個人差がありますが1センチメートル以上の差がある人もいます。また、足の長さも異なるため、左右にかかる加重も違います。

若い間はあまり気にならないかもしれませんが、歳をとると徐々に足の不調につながる可能性があります。また、一般の靴を履いていると左右どちらかの靴底のヘリが早いことや足に魚の目などができることに気づくことはないでしょうか。歩き方にもよりますが上記のような内容が起因していることもあります。オーダーシューズにすることで足や関節への負担が軽減することができます。

左右の加重分散やその人の歩き方にあった靴の提供など利点は様々です。一般の靴と比べると納品されるまでの時間や価格面に不満を持つ方もおられますが、一度はいてみるとなかなか優れていると感じるのではないでしょうか。オーダーシューズは足と靴が密着して汎用性のある一般の靴とは全く別のものです。長期間歩いても疲れにくいなどビジネスマンなどにとってもお勧めです。

また、シビアな時間を競い合う多くのアスリートなども幅広く利用されています。昔に比べると価格面でも下がりつつあるオーダーシューズですが、良いものを長く使うという観点からも最低1つぐらいはあってもよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です