バーチャルオフィスを借りてみませんか

起業家必見のバーチャルオフィス活用法

バーチャルオフィスは、レンタルオフィスとは異なります。この2つの違いは、業務を行うスペースがあるかないかの違いです。バーチャルオフィスは主に住所と電話番号を貸してもらうだけのサービスです。また、バーチャルオフィスは、一等地の住所に存在していて会社の印象を良くするために利用する会社も少なくありません。

ですが、バーチャルオフィスを利用する上で知っておかなければならないこともあります。法人の銀行口座を開設することができなくなったり、社会保障や雇用保険に関する申請ができなくなります。また、融資が受けられなくなったり、住所が他社と重複してしまうなどの問題もあります。こういったデメリットがあるものの、バーチャルオフィスを利用することで起業したての会社にとっては印象を少しでもよくする手段として有効であるといえます。

また、会社の登記を借りた住所でしたい方は契約する前に確認しましょう。ほとんどが可能ですが、登記ができないところもあるようです。電話対応なども個々のサービスによって質が異なりますので、契約前の電話対応や契約してからも試しに電話を入れてみると良いかもしれません。起業家にとってはビジネスの最初にはなるべくコストを抑えたいという思いがあるでしょうし、こうしたメリットをうまく活かすことで、本業へ資金を投入をまわすことができるようになります。

ビジネスに大事な安心や信頼を勝ち取るための細かな配慮としてこうしたオフィスを活用してみることも手段として考えてもよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です