バーチャルオフィスを借りてみませんか

バーチャルオフィスを活用するメリットとは

私たちの社会では何らかの会社を興すためには、それに伴う登記のために会社の所在地を定めて記載しなくてはなりません。それが規模の大きな企業であればオフィスを借り受けたり、手持ちの不動産に自社ビルを建てることも容易に行えるのでしょうが、一方で規模の小さなベンチャー企業や、これから徐々にアイディアや新規サービスを売り込んでいこうとしている起業家にとってはこういったオフィスを構えること自体が大きなネックとなりかねません。その契約料だけで数十万というお金が必要となり、毎月の賃料も少なくないでしょうから、ハード面だけで財政的にも窮地に立たされることになりかねないからです。そういった点を払拭して起業家たちに救いの手を差し伸べてくれるのがバーチャルオフィスという発想です。

バーチャルオフィスとはその名の通り、実態は存在しない仮想的なオフィスのこと。ただし起業の際には登記上、このバーチャルオフィスを登録することは充分に可能です。たとえばあらゆる企業にとってその会社がどこに立地しているのかは重要なポイントとなりますが、バーチャルオフィスであれば自分の希望するエリアの住所を自社の現住所として採用することも夢ではありません。また、バーチャルオフィスではその住所あてに届いた郵便物や宅配物を保存しておいたり、あるいは転送処理することも受け付けていますので、ある意味、その場所を私書箱的に活用することも可能です。

そのため、実質的な仕事は自宅で行っていたとしても、表向きはきちんとオフィスを構えて職務にあたっているように受け取られることでしょう。その意味でもベンチャー企業や起業家にとって大きな支えとなるサービスと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です