バーチャルオフィスを借りてみませんか

自宅で登記できないならバーチャルオフィス

起業した当初はいろいろなコストがかかりますから、会社の住所として自宅を用いてコスト削減をしたいという人も多くいるようです。それができるのならコスト削減の対策として非常に魅力的ですが、それができないケースもあります。特にマンションや賃貸住宅の場合にはできないことが多いですから、このような場合にバーチャルオフィスを利用するのは良い方法だと考えられます。賃貸住宅の場合には賃貸借契約を結んで住宅として用いているはずです。

もしも起業しようと思うのなら、賃貸借契約を読みなおしてみるとよいでしょう。多くの場合には会社設立はできいないような記述があります。居住の目的以外では利用できないなどの言葉があるはずです。オーナーによっては登記に用いて良いと言ってくれることもあります。

ただ、この場合であっても追加で料金を支払わ苗ければならないこともあります。ですから、その点をきちんと確認しておいたほうが良いでしょう。持ち家のマンションの場合には、賃貸ではありませんからできそうなものですが、やはり管理規約というものがありますから簡単ではありません。管理規約ではマンションの使い方を細かく定めていて、それによって会社としての利用を禁じていることが多いです。

現状の住宅環境を考えた場合、自宅で登記できないことは多いです。このような場合には自宅ですべての業務をこなして、会社の住所だけをバーチャルオフィスに移すというのは良い方法です。バーチャルオフィスなら安く利用できますから、住所を確保するためだけに用いるのには適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です