立体駐車場を設置するときのポイント

立体駐車場を設置するときのポイントとして、機械式と自走式のどちらを利用するのが適しているのか検討しなければなりません。

それぞれに特徴があり、状況によって利用することができないこともあります。立体駐車場の駐車効率を上げることに重点を置くのであれば機械式が適しています。
所定の位置に車を置いた後は機械で昇降させるので、平面駐車場のような運転して移動させるスペースが必要ないので、少ないスペースでも設置できるのが特徴です。
ただし、操作が必要になり、順番待ちになることがあります。


故障すると使えなくなってしまうのでメンテナンスが必要になり、費用が高くなります。

立体駐車場の最新情報が知りたい方にはこちらです。

耐用年数も15年なのでそれほど長くありません。


このようなデメリットがあるため、建て替えの際に自走式に切り替えることがあります。
自走式の立体駐車場は機械を使用せず、運転して所定の位置に移動します。


平面駐車場をスロープで繋いだものになるので使用感としても使い慣れたものになります。



メンテナンス費用が安く、耐用年数も長いのが特徴です。

デメリットとして、土地が広くないとスロープが作れないので設置できません。



また、平面駐車場と同様の問題として、駐車場内を運転するので十分なスペースがないと壁や他の車に接触する危険性があります。

建物から距離の離れた駐車位置もできてしまうので、荷物が多いときなどには不便になります。高齢者や障害者の利用も考慮して優先スペースを作っておきましょう。