機械式立体駐車場には注意点があります - 立体駐車場の種類について

機械式立体駐車場には注意点があります

立体駐車場には大きく分けて自走式と機械式の二種類があります。

自走式の立体駐車場だと普通の平面駐車場と同じ感覚で利用できるので特に車の運転に慣れて入ればまず問題ないですが、機械式の立体駐車場だと自走式の場合とは違い、利用する際にいくつか注意点があります。
機械式の立体駐車場を利用する場合、まず最初にドアミラーやラジオのアンテナをたたまなければいけないです。

仮にたたまなかったら柱などにぶつかり、アンテナやドアミラーを破損してしまう可能性があるからです。

次に車体をパレットと言われる部分に確実に載せる必要があります。

その際の注意点として真っ直ぐに入れる必要になります。

立体駐車場の情報探しをお手伝い致します。

仮に真っ直ぐに入れなかった場合、車がパレットを乗り越えてしまい、車が故障するだけでなくパレットを破損してしまい、かなりの損害賠償をしなくてはいけなくなる恐れがあるからです。


ほとんどの駐車場では専門の係員が常駐しており、その指示に従えばまず心配はいらないです。



駐車する際のスピードも大切です。

駐車する際のスピードが速いとタイヤがパレットを乗り越えてしまい、上手く駐車できない可能性があるからです。
それだけでなく駐車場には車が駐車してあるのはもちろんですが、車だけでなくたくさんの大人や子供がおり、スピードを出していると人身事故に繋がる可能性もあります。


そのため仮にパレットの中に乗っている場合でも、すぐに停車できるスピードで操作する必要があります。