立体駐車場の種類について - 立体駐車場の種類について

立体駐車場の種類について

立体駐車場は、都市部などの広い土地がない場所などでよく見られる駐車場ですが、種類がいくつかあります。大きく分けると機械式駐車場と自走式駐車場に分類できますが、さらに機械式駐車場は、タワー式と多段式に分けることができると言えるでしょう。まず機械式に分類されるタワー式は、文字通りタワーのような縦長の駐車空間の中にエレベーターを使って車を収容するという仕組みの駐車場になります。タワー式駐車場のメリットとしては、ごく狭い敷地であっても多くの車を収容できるということがまず挙げられます。
それにタワーという、基本的に人が入らない空間に車が収容されるため、防犯上も優れているということが言えるでしょう。

立体駐車場のことならこちらのサイトにお任せください。

ただし、他の立体駐車場と比べると建設コストが高くなりますし、メンテナス費用も必要になります。



次に機械式に分類される多段式は、車を載せるパレットを上下や横に動かして多層的に車を収容するという仕組みの駐車場になります。メリットとしては、タワー式には劣るものの車の収容効率が比較的良いことや、小規模なものでも設置可能なことなどが挙げられます。さらに自走式駐車場は、車が目的の階まで自分で移動して駐車するという仕組みにのもので、大規模な駐車場に向いた方式だと言えます。

メリットとしては、建設コストやランニングコストが他の立体駐車場より安く済むということが挙げられるでしょう。



ただし、大規模な駐車場にする場合は、ある程度広い敷地が必要になります。