スーツを仕事着として着用されている人も多いですので、常にメンテナンスを心掛けて良い状態を保つようにしたいです。まず基本的なお手入れ方法は、ブラッシングです。必ず着用後はブラッシングをしてからクローゼットに保管する必要があります。一日着用した場合は、思った以上にホコリなどの汚れが付着しています。

天然のウール素材でしたらホコリなどが付着していますと、生地が呼吸出来ずにシワの回復などが出来なくなってしまいます。その状態を続けていますと、結果的に劣化を早めてしまうことになってしまいます。またきちんとブラッシングをしてケアしていますと、頻繁にクリーニングに出す必要もなくなります。スーツは基本的にあまりクリーニングには出さない方が良いです。

なぜならばクリーニングに出すことによって、多少なりとも負担がかかってしまうからです。肌に直接触れる衣類ではありませんので、特に秋冬物でしたら常にブラッシングでメンテナンスをしていれば1シーズンに一回もクリーニングに出す必要はありません。しかし夏場に着用したスーツだったり汚れが付着した場合には、そのままにしておくよりもクリーニングに出した方が良いです。その際には出来れば水洗いをしてもらえるクリーニング店を利用したいです。

基本的にはスーツはドライクリーニングでケアするのですが、ドライクリーニングでは汗などの汚れを落とすことが出来ません。暑い時期に着用したスーツでしたら多くの汗が染み込んでいますので、水洗いをして汗を落とすことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です