スーツは一般的にクローゼットにかけられて保管されていると言うことが一般的であり、店で販売されているものに関してもほとんどが掛けられた状態で管理されています。そのためたたんで管理すると言う意識はなく、そもそもスーツと言うものはたたむものではないと思っている人も少なくないのではないでしょうか。ですが、全くたたまないで管理すると言うことはなく、ビジネスマンの場合は出張などでスーツを持参する際、その収納方法としてトランクの中にたたんで管理しなくてはいけないと言うことがあるかもしれません。このように外出や宿泊の際のスーツの収納方法や管理方法に関してはよく分からないと言う人も多く、頭を抱えていると言うケースもよく耳にします。

では実際にどのように管理すればいいのかというと、基本的には専用のバッグに入れて持ち運ぶことが望ましいとされています。専用の場合は二つ折り程度で収納することができるので管理が楽ですし、しわになるなどのトラブルもないのですぐに身につけることが出来るようになっているところが魅力です。ですが、専用のバッグを持っていないと言う場合はやはりたたまなくてはいけないと言う状況になってきます。たたみ方の基本としては「裏の生地が表に出てくるようにたたむ」ことであり、これによって表面にほこりがつくことなどを予防することが出来るほか、できる限りしわになることだけではなく型崩れなども予防することが出来るようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です